50代からを健やかに生きるために、40代からはじめる整体について

投稿日:

ランニング・ゴルフ・テニスなどのスポーツや旅行・グルメなどの趣味を楽しむために、健康な体を維持したいと思っているあなたへ!

50代からを健やかに生きるために、40代からはじめる整体。

30代からはじめていれば、なおさら効果が明白です。

まずは、「肩をしっかり動かす」

やっぱり大事です。

「肩をしっかり動かす」。

この場合の「肩」とは、

  • 胸鎖関節
  • 肩関節(肩甲上腕関節)
  • 肩甲骨(肩甲胸郭関節)

です。

肩鎖関節は意識しづらいので、ここでは考えないことにします。

赤い部分が「肩甲骨」です。

これらの関節のことを意識して、「肩をしっかり動かす」ことが大切です。(特に、胸鎖関節の動きを意識すること。)

いわゆる、「関節をしっかり動かす」ことです。

体は、自分で思っているよりも、もっと大きく動かせます。

もっと可動域を大きくできるものです。

動かしてない(使ってないと)と、動かせ(使えなくなります)なくなります。

(もちろんのことですが、骨盤まわりの筋肉や 股関節も膝も足首についても、同じです。 )

特に、肩を動かす時などには、しっかりと大きく動かしてみてください。(特に、胸鎖関節の動きを意識すること。)

例えば、「バンザイすると、肘を伸ばして耳に付けて、真上に腕を上げられない。」

このように、肩をしっかり動かせないことで、

肩が凝りやすくなり、首・肩こり、筋緊張性頭痛や慢性腰痛の原因になります。

勿論、痛みがあるときには、無理をしてはいけませんよ!

50代を健やかに生きるために、40代からはじめておくこと。30代からはじめていれば、なおさらの効果が明白です。

バンザイ肩回し体操(クレア式バランス体操)

1) それぞれ、手の平の向きに注意してください。

2) 指と肘を真っ直ぐに伸ばしたまま動かすこと。

3) 真上(天井)に腕を上げた時には、できるだけ腕が耳に付くように上げること。

4) 腰は反らさないように。

両肘を、できる限りしっかりと伸ばしてやってもらいます。
腰を反らして腕を上げようとする、トリックモーションを防ぎ、本来の肩まわりの筋肉の動きだけで、腕を上げる動作、いわゆる、バンザイをしてもらうためです。
肘をしっかりと伸ばすことによって、トリックモーションを誘発してしまう、広背筋の筋力作用を無力化することができるのです。

(この時、立位の場合は、足のつま先を内側にする「ハの字」にすると、より効果的です。)
そして、肩関節、肩甲骨だけでなく、胸鎖関節をしっかりと動かせることができます。

スマートフォン向け動画を再投稿しました。 https://www.youtube.com/watch?v=OSa6_kW5NZw「三歩目は、しっかり動かすだけ!」 なんにも頑張らなくて好いんですよ。 しっかり動かすだけです。  初心者向...

クレアトゥール整体院(目黒駅西口)さんの投稿 2015年4月20日月曜日

クレア式バランス体操 「三歩目は、しっかり動かすだけ!」

なんにも頑張らなくて好いんですよ。

しっかり動かすだけです。クレアトゥール整体院のバランス整体を自分でできるセルフ整体にしました。
初心者向けのクレア式バランス体操における「三種の神器」の三つ目・バンザイ肩回し体操
(体幹の基本/“屋台骨”の肩甲骨・鎖骨・肩関節の筋力バランスが整います。)

実際は、胸鎖関節の調整法です。

医院長の波田野はバランス体操でこの通り!

2017年3月25日

2018年6月1日

ダイエットなんて無縁で食事制限せず、プロテインも飲むことなく、
筋トレ・マシントレーニングを全くしない私ですが、ほぼ1年前の四十路の体と今を比べると、上腕と三角筋、いわゆる肩まわりの筋肉の発育が、50代なのに著しく明らかに観てとれます。
まだまだ成長期です。

40代で、クレア式バランス体操をしつづけていると、
その結果として、50代からでもこんなに健康でいられています。
もちろん、30代からはじめていれば、なおさらその効果が明白です。

 

Copyright© クレアトゥール整体院-目黒駅から徒歩5分 , 2019 All Rights Reserved.